POWER STRIKE IIをXSYNC-1経由で撮り直した

今までニコニコ動画とYouTubeに投稿していたSMS2でのPOWER STRIKE IIの動画に不満があったので、撮り直して再投稿した。

ニコニコ : POWER STRIKE II[欧州SMS版実機(PAL) NORMALランク]リテイク
YouTube : POWER STRIKE II[SEGA Master System(PAL) NORMAL rank] retake

“POWER STRIKE IIをXSYNC-1経由で撮り直した” の続きを読む

アーケードゲームプレイログ 2016-02-28

お昼を食べてからHeyに。

エスプガルーダはまたもやラスボス最終段階で滅。ただ、0.2歩くらい進んだ気もする。

ダライアスIIは上Vルートでバイオストロングをあと一歩まで追い詰めたところで体当たりしちゃってノーミス失敗。次こそ。

虫姫さま ケイブ祭りver.1.5(オリ)は最終面まで2ボムでのノーミスだったが、乱れてgdgdクリア。

アーケードゲームプレイログ 2016-02-21

お昼を食べてからHeyに。

エスプガルーダはまたもやラスボス最終段階で滅。ここだけ家で特訓した方がいいんだろうなと思いつつも、家だと別のゲームしちゃっているんだよなぁ。

19XXはモスキートでクリア。ラストgdgdではあったけど、ちょっと久しぶりなので良しということで。

虫姫さま ケイブ祭りver.1.5(オリ)は最終面まで1ボムでのノーミスだったので、今回こそゲーセンでって思ったが、何でもないところでミスって2ミスクリア。メンタルの問題だなぁ。

アーケードゲームプレイログ 2016-02-20

夕飯後にHey。

まずはエスプガルーダを遊んだが、気負いすぎだったのかダメダメ。19XXもモスキートで最終面で滅。虫姫さま ケイブ祭りver.1.5(オリ)もgdgdクリア。

今日は駄目な日なのかと虫姫さまふたり ブラックレーベル(オリ)をEvery台で遊んだら結果としてgdgdクリアではあったが途中まではよかったので、気分が復活。

ダライアスIIはずっと課題にしていた下Zコースにいって、NORMALランクでは9回目のチャレンジにしてやっとノーミスクリア。いやー、ここまで長かった。バイオストロング、やっと克服できた。

アミューズメント産業のプロとしての意識

将棋棋士の渡辺竜王・棋王は著書の中で『将棋もプロ野球のように、知識のないファンでも無責任に色々発言して楽しんで欲しい』という趣旨の発言をしていて、将棋ファンの間では非常にプロ意識の高い発言と評価されている。

これはよくプロ野球ファンが自分では出来ないことをさも知った風に発言することに対して否定的に捉えるのではなく、将棋もそのくらい気楽にゆるく楽しんで欲しいと肯定的に捉えているわけで、広義の意味での娯楽産業に関わる人の考え方として素晴らしいと思っている。しかもこれは渡辺竜王が23歳の頃の発言である。私はこの発言を後年知ったのだが、若い時からなんて大人な考え方をしていたのだろうと感じ入った(※)。

※ 「将棋の渡辺くん」を読むと将棋以外は凄く子供っぽいところを残していて、そのギャップがまた面白い

“アミューズメント産業のプロとしての意識” の続きを読む

今週のセガハ曜日 2016-02-15

今週もサターンの戦国ブレードから。Easyでマリオンを使いクリア。先週も出来てたけど、Easyだと初めて使ったキャラでもノーコンティニューでクリアできたので、次からはNormalの予定。

次はなんとなくダライアス外伝を。いつもの簡単コースから最後だけ変えてみたら、タツノオトシゴだった。クリアはしたけどgdgdだったので、次回はきちんと攻略したい。ダラ外はゲーセンで格ゲーにのめり込んでいた時期だったのもあって、あまりやらなかったし詳しくないのだ。いきつけのゲーセンは連射ついてなかったので、ムズいゲームって印象だったのもある。

その次はSMSのPOWER STRIKE IIを。しばらく遊んでなかったので細部を忘れていて、ノーミス失敗の単なるクリア。ニコニコ動画で上げている動画によく見ると同期ずれがある旨のコメントがついていたので撮り直したかったりするので、今回はその練習。

この辺で眠くなって斑鳩はサボった。

ケイブシューにチャレンジし始めて1年ちょっと経過した時点での状況

積んでいるゲームが多い中、2014年11月にXbox360本体とケイブ シューティングコレクション完(以下シューコレ完)を買って、ケイブシューのゲーセンでのクリアを目指すことにしたのは、第一が単純にチャレンジしてみたいと思ったからで、第二が現役プレイヤーのプレイを参考に出来るうちに遊んでおきたいという気持ちが後押ししたから。これは、秋葉原Heyという素晴らしいゲーセンに通える地の利を活かさない手はないと思ったという意味も含んでいる。

2014年11月時点ではゲーセンでケイブのゲームをノーコンティニュークリアしたことはなかったが、1年ちょっとの間に複数タイトルのクリアができた上、未クリアだが最終面まで進んでいるタイトルも3つある。思い切ってチャレンジして良かったと思っている。

以下はチャレンジする経緯からこれまでをだらだらと。

“ケイブシューにチャレンジし始めて1年ちょっと経過した時点での状況” の続きを読む